IDが何でpinkeeじゃなくてpinkeeeかって?  もう使われてたんです(泣)


by pinkeee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:スポーツ( 48 )

中日優勝

まず一言いおう。

中日が優勝したことを今日知ったわけではない!(笑)

10日にはテレビの前で応援していて危うく次の日の仕事を遅刻するぐらい
遅くまで感動に浸っていた。
今週は朝勤なので4時起き(´Д`;)
つらいです、、ねむいです(T-T)

しかし、セールもやっていてちょっとしたお得気分になる。
近くの薬局はなんとポイント6倍デーが金曜日まで続くらしい。

妻「ねぇ、66番って誰の背番号?(・∀・)」

pinkee「66番って落合監督の番号だけど・・・それがどうした?( ゚Д゚)?」

妻「買物行ったら66円っていうのが結構あったから気になって。。(・∀・)」

妻「そうそう、薬局はポイント6倍デーだった。(^▽^)」

pinkee「へぇ、6倍なんてすごいじゃん。」

妻「だからねぇ、子供のおむつたくさん買ってきちゃった。(・∀・)」

pinkee「おぉ、いいね。6倍は大きいよ^^」

妻「でもね、sサイズ買わなければいけないんだけど、ひとつMサイズ買っちゃったみたい。
  ハハハ( ^∇^)」

pinkee「いいじゃん、どっちみちおおきくなるんだから(^―^)」(なぜか前向き)

 ニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!

・・・っとまぁ、我が家も優勝にあやかっている今日この頃。
アリガタヤ、アリガタヤ。


妻「日本一になったらポイント12倍になるかな?(^▽^)」

pinkee「なるか~( ゚Д゚)つ」


・・・でも、本当に12倍になったらどうしよう?(;´Д`)
[PR]
by pinkeee | 2006-10-12 21:38 | スポーツ

勝てないねぇ

中日ドラゴンズがまもなく優勝するかというところで
なかなか勝てない。
こればかりは相手がいることなので仕方ないことなのだが
優勝するまではやはりソワソワしてしまいます ソワ (∇ ̄ )(  ̄∇)ソワ

ま、たしかに阪神の快進撃はすごいですね。
後半戦の勢いだけ見ればどちらが優勝してもおかしくないし
このまま阪神が優勝してしまうようなことがあれば素直にすごいと思うだろう。
ちまたでは阪神とその他の球団の八百長疑惑なんてこといっている人がいるが
そんなことどうだっていいじゃん ( ̄‥ ̄)=3 フン
首位に立つチームの宿命ですよ。そんな戦略、影ではいくらでもあること。
ほかの球団が結束しても勝てないぐらいの横綱相撲をすればいいのさ。

そんなことよりも明日はこの負けを切り替えてがんばって欲しい。
特に中継ぎピッチャー。。
[PR]
by pinkeee | 2006-10-07 23:13 | スポーツ

ディープ3着

フランスの凱旋門賞にのぞんだディープインパクトは3着。
出だしから飛ばし気味で最後はゴール地点で2頭に抜かれてしまった。
残念でしたorz

実力では負けてなかったのだが
レースでの勝負どころが負けたのかな・・・
[PR]
by pinkeee | 2006-10-02 00:52 | スポーツ

夏の高校野球決勝戦

昨日の決勝戦を自宅で観ていた。
早稲田実業の斎藤投手の抜群の安定感は大阪桐蔭との決戦から注目していた。
そしてやはり決勝へ出てきた。
どの試合でも2点までに抑えるピッチングは見事というほかない。

一方駒大苫小牧の打線はすごすぎる。
ここで打ったら良いのにというところで長打を打つ集中力。
その逆転劇にいつしか駒大苫小牧を応援していたわたし。

その2校が戦うのはなんか複雑な思いがした。
斎藤投手が打たれる姿は見たくないし駒大苫小牧には3連覇を達成してほしい。
それでも試合をみていたらその思いが吹っ飛んだ。

斎藤投手と田中投手の見事な投手戦、まさに一進一退の攻防とはこのこと。
ただわたしの視点としては8回裏の檜垣選手の大きなあたりをエラーが絡み
サードまで進めてしまったのが最後まで響いてしまったのではないかと思う。
ただそれを含めて野球の実力と運なのでしかたないのだろう。


そんながんばりをよそに優勝校のスクールカラーの色をしたアイスを食べようと決めた。
しかし、結果は引き分け。

しかたない、、



両方食べるか(笑)
d0044594_23513864.jpg



上はチョコチップ(駒苫)
下はストロベリーとチーズケーキ(早実)

なんでチョコチップが上かって?
わたしの予想では駒大苫小牧が
再試合で勝つと思ったから(苦笑)



そして今日早稲田実業の初優勝が決まった。
素直におめでとう。立派ですよ。
両校の選手たち、ほんとお疲れ様でした。
[PR]
by pinkeee | 2006-08-21 23:57 | スポーツ
今日高校野球愛知県予選の準決勝が行われているが
第1試合で愛知工業大学名電高校がでていたのでテレビで観ていた。
今年の特徴は秋のドラフトの目玉である4番の堂上選手を中心とした打線がウリ。
足も速い選手が多いのだが投手力が課題といわれている。

対戦高校の春日丘高校も攻撃力で打ちやぶってきた高校。
打撃戦が予想されたのだが5回までは投手戦。
ただ好投のために手が出ていないというよりは打ち損じている感があり
終盤に荒れる予感を漂わせた。

そして終盤試合が動き始めた。
名電はピッチャーをコロコロ変えているがどの投手も打たれて
9回に気づいてみれば6対3で春日丘高校がリードしている。
春日丘高校は勝てば初めての決勝進出。
あと一人というところでバッターは堂上。
(・・・こういうところが運命というものかもしれない)

堂上は内野ゴロだったが気迫のヘッドスライディングをみせてそれが内野安打に。


でも(正直に告白しますが)もう3点差はひっくり返らないと思いましたよ。
だってツーアウトランナーなしから3点差はほとんど無理。
ただ名電側からすると春日丘高校の龍投手が170球を超えて疲労していたのが
幸いしてなんとツーアウトから5点を入れて一気に8対6に大逆転。
そのまま裏の攻撃も抑えゲームセット。


勝った名電側からするとまさにドラマのような勝ち方。
奇跡が起こったといっても過言ではない。

しかし負けたほうからすると悪夢だろう。
もし(アリエナイケド・・・)野球が9回ツーアウトまでなら春日丘の決勝進出が決まっていた。
終わってみるまで分からないしそこがスポーツの怖いところと思う。



(名電は母校なのでがんばってほしいというのが本音なわたしのコメントでした。)
[PR]
by pinkeee | 2006-07-30 16:27 | スポーツ
日本、、崖っぷちです。。


でも、まだ望みがなくなったわけではないので
ブラジル戦でもベストをつくしてがんばってほしいです。

日本代表が勝てなかったことを批判する人も多いが
オーストラリアもクロアチアもそれほど弱いチームではない。
マスコミが「勝たなくてはいけない」と強調するたびに
日本のほうが勝つことが当たり前と思う人がいる。
もちろん勝つことは大切だし、決勝トーナメントにも出てほしいが
これもすべて今の日本の実力というものだろう。

クロアチア戦での川口のスーパーセーブ、良かったですね。
特にあのPKは「うぉぉぉぉ・・・・」という感じでした。
勝てる試合というコメントがあったが川口のスーパーセーブがなかったら
負けていたのだから勝ち点1ゲットできて良かったと思う、本当に。。


やはり注目はブラジルですね。
魔法のカルテットといわれている4人だったが
ふたを開けてみるとカカとロナウジーニョはいいのだが
アドリアーノとロナウドは調子よくないみたいですね。
ロナウドは4年前と比べると動きが遅い。
またDFにすぐに倒されるシーンを見てしまうのだが
以前なら巧みなボールコントロールで少人数なら軽く交わした瞬間に
例のトーキックが炸裂するのだが、今大会は体のキレがまだ戻ってないので残念だ。
アドリアーノはオーストラリア戦でシュートを決めてはいるが
注目されている働きはまだなりを潜めている。
彼の注目はやはり左足のシュート。
顔は武蔵丸に似ているとおもったのはわたしだけかな。
評判どおりのロナウジーニョは本当にすごいね。
彼がボールをコントロールしているとワクワクする。
何をするんだろう。。。とか歴史的瞬間を見れるのではないかとか
かれの働きにはまさに要チェックだ。

ブラジルは正直まだ本気モードではないと思うが
2002年の3Rほどの脅威は今のところ見られない。
あの時のロナウドのキレ、ロナウジーニョのパスやドリブル、
リバウドのボールコントロールと左足の正確なシュートは今でも強烈に残っている。


わたしの優勝候補はブラジルかドイツかな。
ドイツはキャプテンのバラックの調子次第。
FWクローゼもすでに今大会得点王。
地元の利をいかしてかなり良い試合をしてくれるのではないかと思う。
[PR]
by pinkeee | 2006-06-21 22:51 | スポーツ

W杯サッカー

12日のオーストラリア戦、残念だったなぁ。
30度近くある気温の中、90分集中力を切らさないようにするのは
並大抵のことではないと思うがそれは相手も同条件。
実力ではオーストラリアに決して負けているわけではなかったと思うが
最後は自分たちの気持ちに負けてしまっていたし
明らかに後半終了間際で各選手の足が止まっていた。
トラップは大きく相手に取られてしまったり簡単に出したパスは相手の真正面へ。
いろいろな原因はあると思うが、これがやはり実力なので仕方ない。

日本の良かったことは再三にわたりDF陣が高い相手に対してよい守りをしたこと。
終了間際には突破を許したりクリアーしそこなったりしていたが
それまでは良かったのではないかと思う。
一方、FWが情けない。
出ちゃいました、、決定力不足。
少ないチャンスをものにできなければ強い相手になんか勝てない。
日本の永遠の課題でもある。
全体的にパスがつながらずせっかくのチャンスも相手のファールすれすれのプレイで
何度もチャンスを失っていた。
サイドからのセンタリングは高いボールが多く
身長の高い相手には低いボールでも良かったのではないかと感じた。

あと結構イエローカードをもらった人が多かったのが心配。
累積2枚で次の試合に出られないということでクロアチア戦は
カードに注意しないと何人かがブラジル戦に出られないという事態にもなりかねない。


ま、終わってしまったことは仕方ない。
次のクロアチア戦。
気持ちを切替えて日本の良さを出してがんばってほしい。
[PR]
by pinkeee | 2006-06-15 08:47 | スポーツ

スケート

「スキー派?それともスノボ派?」

毎年このような話題になるのだがわたしは両方ともしたことがない。
っていうか、多分そのような機会がないんじゃないかな。




理由は行くのがめんどくさい(マテ




とおいんですよ、だって数時間かけていくんでしょ?
何度か誘われたけど今までいったことがない。
そしてわたし、、あれなんですよ。

酔っちゃうんです、山に・・・ん?車に・・かな?
車で山道走ると気持ち悪くなるので正直あまり山に行きたくない。

だからいままでみんながスキーを楽しんでいるときも
わたしはスケート場に行っていたのだ。
スケートリンクは年中無休で電車で行っても1時間でつく。
子供のころは1年に数回は行っていたのだが、もう滑れないだろうなー。-;;

名古屋はスケート王国。

スケートの女王たち(安藤、浅田、中野各氏など)はこの名古屋地区のスケートリンクで
練習しているので運がいいとあえるかも。
リンクでは将来の金メダリストをめざしているちびっ子たちがレッスンを受けていたり
やけに滑りなれているマイシューズじいさんとかホッケー部所属のおにいさんとか
様々な人が来ている。
昔、そんな中滑っていたらなにやらどよめきが起こっていたのでそちらのほうをみると
なんとあの「世界の伊藤みどり」がやってきたのだ。
みんなすべるのも忘れて彼女の動きに釘付け。
しばらくウォームアップをして滑り出した。
そしてジャンプ・・・・











転倒  Σ(゚Д゚; )




今思えばスケートのジャンプで転ぶのはそんなに珍しいことではないのに
そのときにはびっくりしたのを覚えている。


今日ニュースで浅田真央選手が高校入試が合格したとニュースが流れた。
中京大中京高校といえばスケートでは現在3年生の安藤美姫選手がいるし
スポーツ全般でもとても有名な学校だ。
もしかしたら昔見ていた教室のちびっ子の中にいたのかもしれないな。

最近では妻と付き合う前に一度スケートへ行ったことがある。
彼女はあまり滑れなくってわたしも久しぶりであまりかっこよいすべりはできなかったが
やはりスケートは楽しかった。相当疲れるけど・・・。
もうあれ以来行ってないなぁ。
まぁ子供が大きくなるまではムリだろうな。

余談だがスケートリンクの貸シューズって氷に対して垂直に立つのが難しい。
もうボロボロだから仕方ないのだがいつかマイシューズを買おうと行くたびに思うのだが
あまり行かない現実にそんな思いは薄れていくのであった。
[PR]
by pinkeee | 2006-02-01 21:01 | スポーツ

ロッテ3連勝

これもプレーオフ制度の影響なのか、
ロッテの勢いもあり3試合とも阪神をコテンパンにうちまくってる。
3試合とも10点以上とるなんてすごい・・・








っていうか阪神なにやってるんだよ(`Å´)ゴルァ!!








こんな一方的な野球みてても面白くないじゃないか| ̄ω ̄A;アセアセ


これが勢いというならこのパリーグだけプレーオフ制度があることは考え物だ。
つまりセリーグはその間試合がなくパリーグ王者が決まるのを待っていて
パリーグは常に緊張の中、プレーオフをしている。
もちろんどちらが勢いにのれるかはすぐわかるだろう。
これはちょっと不公平といわざるを得ない。

でもどっちがいいかは正直わからないな。
今年のパリーグを見ててもわかるが上位3チームということになると
負け越して勝率5割をきっている西武がプレーオフにでるようなのもいまいちおかしい。
仮に(おおげさにいうが)勝率10割のチームがプレーオフに負けてしまえば優勝できない。
これはあきらかにおかしい。
ソフトバンクは2年連続で悔しい思いをしたことだ。
何のためのシーズンなんだと。。。

プレーオフをするにしても一定の条件を満たしているチームに絞るべきだ。
たとえば首位のチームから○ゲーム以内の上位3チームとかにしないと
シーズンでの試合の価値が下がる。
今年なんてある試合とかは西武が(プレーオフに駒を進めるために)
わざと負けたのではないかと思われる試合もあった。
プレーオフの全体的な見直しが必要なのではないかな。
1位のチームにはもうちょっと手厚いハンディがあってもいいかも。
3対0からはじめるとか。。。

ま、独り言が続いたがプロ野球は多くのファンがいるのだから
来年は今年よりも良いシーズンになることを望む。



日本シリーズ、、明日はいい試合になるかな。。両チームがんばれ!
[PR]
by pinkeee | 2005-10-25 22:19 | スポーツ

ディープインパクト

わたしが競馬をみるのはもう11年前になる。

当時圧倒的人気があった名馬ナリタブライアンのレースをみて以来だ。
ナリタブライアンは最後の第四コーナーを曲がるまで中盤~中盤後半の位置につけて
最終コーナーを曲がってギアが入ると一気に加速して終わってみればブッチギリ。
あまりの速さに競馬をみないわたしも鳥肌が立ったものだ。

ディープインパクトはナリタブライアンに似ているが中盤後半~最終の位置から
猛烈な追い上げを見せる馬だ。
未だ負けなしの三冠馬の期待がかかっていた。
騎手は武豊ジョッキー。

レースが始まったときおそらくわたしを含めて多くの人が心配したことだろう。
あのディープインパクトが16頭中5位につけているのだ。
武騎手はなんとかスピードを抑えようと必死に手綱を引っ張っていたが
それでも名馬は5位をキープ。

最終コーナーを曲がって先頭からずいぶんと離れていたところからの猛加速。
ダメかと思っていた人の心配をよそに猛烈な勢いで周りの馬をかわしていく。
まるで他の馬をスローモーションにしたような感じに見えたほどである。
終わってみればディープインパクトの圧勝
この名馬には駆け引き云々は関係ないのかもしれないな。

負けれないレースでも勝つのは本当に強い証。
この記録をどんどん伸ばしてもらいたいものだ。


今日の菊花賞レースについての詳細はこちらから
http://keiba.yahoo.co.jp/kikkashou/index.html
[PR]
by pinkeee | 2005-10-23 21:34 | スポーツ