IDが何でpinkeeじゃなくてpinkeeeかって?  もう使われてたんです(泣)


by pinkeee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

功名が辻 第24回「蝶の夢」をみて

<適当あらすじ>
山崎に対峙した羽柴軍と明智軍。
数や準備の上でも羽柴軍が明智軍を圧倒し光秀は逃げるが最後は槍で刺され命を失う。
一豊は光秀の最期の姿をみて、光秀の「そなたは耐えろ」という言葉を胸に刻んだ。
敵の大将首ではあったものの、一豊には光秀の首で功名をあげることがどうしてもできず
そのまま立ち去り、寺に隠れていた羽柴の家の者と千代を見つけた。
 明智家中のものはことごとく成敗、もしくは自刃したが細川忠興はその妻たまを
城の外に逃がすのだった。

 織田家の跡目を決める重要な会議が清洲で開かれた。
筆頭家老の勝家は信長の3男である信孝を推すが秀吉に筋目が通ってないと一蹴される。
秀吉は信長の長男信忠の息子、つまり信長の嫡孫である三法師を擁立する。
今まで勝家についてきた数々の武将も秀吉の案に賛同した。
千代は清洲に呼ばれ三法師を秀吉になつかせるという難しい任を受けるが
しばらくすると三法師も千代に心を許し、次第に秀吉にも心を開くのだった。
評定で織田家の跡目は三法師に決まり三法師が秀吉に抱かれたところで
武将たちは平伏した。これが秀吉の狙いだったのである。

秀吉に織田家をのっとられるのを恐れた信孝は市に勝家へ嫁ぐように願い出る。
事の重大さを危惧した市は勝家に嫁ぐことを決める。


・ストーリーについて
人がいいというのは良いことなのだがそれが仇となることもある。
また首を取れば大きな功名になったこの場面でも武将としての意地が
一豊からチャンスを奪い取ってしまった。
感情に左右されることは命取りになりかねないこの時代。
一豊は優しすぎるゆえに人一倍苦しい思いもしたのだろう。
光秀の裏切りはたくさんの人の運命をも左右する選択であったので
本当にこれが彼の望んだ決断だったのかは最後まで分からなかった。

織田家の家臣たちが勝家よりも秀吉についたほうが自分たちのためになると感じたのは
秀吉が信長を裏切った光秀を倒したことや、山崎での合戦での報酬を期待し、
より自分にとってプラスになることの多い人物を選んでいた。
また秀吉は中国攻めで数々の功績も上げその戦の見事さにも多くの武将が
影響を受けたに違いない。
彼らにとってどちらにつくかということはこれからの運命を左右する決断になる。
将来性のある主を見出すことは家族や家臣を守る大きな功名だったのだ。
[PR]
by pinkeee | 2006-06-26 17:27