IDが何でpinkeeじゃなくてpinkeeeかって?  もう使われてたんです(泣)


by pinkeee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

功名が辻 第14回「一番出世」をみて

~適当あらすじ~
小谷城での功績を認められた秀吉は織田家家臣の2人目の城持ちになる。
秀吉は琵琶湖近くの今浜の地に城を建て長浜城と名づけた。
一豊は知行400石を与えられ、屋敷を新たにし家臣も増やした。
喜ばしい加増のはずだったが、今まで一緒にがんばってきた堀尾や中村が150石で
あるために会えば会釈をされる立場になってしまう。
どことなく溝を作られてしまう一豊は孤独と寂しさを感じる。
千代は長浜城の畑で働く老婆と出会うが実はそれが秀吉の母、
つまり後の大政所となる「なか」だったのだ。
なかは秀吉にねね以外の女にうつつを抜かしていることに釘をさし
側室を城から追い出すように指示するが秀吉はうまく切り抜ける。
一豊は秀吉から尾張の中村にいる秀吉の妹の旭を長浜に連れてくるように命令される。
荷が重いことを察した一豊は千代も一緒についてきてほしいと頼む。
旭は夫と共に中村で百姓をしていて長浜に行くことを拒否する。
しかし夫の必死の説得により戦場に行くことがないようにという条件を守ることにより
長浜に行く決意をする。


・ストーリーについて
仲間との身分の違うが溝を作ってしまったのだが
いつも気さくだった堀尾までも会釈をする関係になってしまった。
一豊としては今までどおり接したいと思っているがそれを拒否する中村。
このようなことは現代でもいろいろな場で見受けられる。
ただどちらの立場が良くてどちらかがつらいというものではない。
原因としては人間の欲やねたみがそうさせてしまうのだろう。
過去も現代も未来も人間の心は弱いものだ。

旭はもともと「さと」という名前だった気がするが今回ははじめから
旭として登場している。
百姓としてでてくるこの女性がのちの徳川家康の妻になる人物。
旭と一豊夫妻のかかわりがどうなるか注目するところだ。


・演技について
「なか」は百姓と大政所をこなさなければいけない人物。
いままでも有名ベテラン女優が演じてきているのだが
今回は菅井きんさんが演じている。
尾張言葉をつかう「百姓なか」としての貫禄十分。
とてもしっくりいっているのだがこれが大政所の役割としてどうなるのかが楽しみだ。
一番の注目は徳川家康の下に人質として送られる時だろう。
[PR]
by pinkeee | 2006-04-12 22:16