IDが何でpinkeeじゃなくてpinkeeeかって?  もう使われてたんです(泣)


by pinkeee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

功名が辻 第12回「信玄の影」をみて

~適当あらすじ~
秀吉軍は横山城で小谷の浅井家攻略を進めていた。
秀吉は浅井の宮部を調略するため甥の治兵衛を人質として差し出す決意をする。
千代は治兵衛に「世の流れ、人の定めに負けず、しっかりと生きのびるのですよ」と言う。
秀吉は一人で宮部のもとを訪れ、寝返る約束を取り付けることになる。

半兵衛は一豊に「今、甲斐の武田信玄が兵を挙げれば信長はひとたまりもない。
織田と徳川が全軍で立ち向かわないと武田には勝てない」と語る。
しかしそんな心配とは裏腹に秀吉軍が小谷城の近くに陣をとるころ、
ついに武田信玄が上洛のために動き出した。
そのことを知った信長は意気消沈し、なす術もなかった。
案の定、遠州の三方ヶ原で徳川軍を圧倒した武田信玄は岐阜に迫ろうとしていた。

一方、六平太は一豊に襲いかかり織田家は風前の灯なので
自分と組むように誘う。六平太は中国の毛利につくことを決めていた。
もし一豊が魂を売るなら小谷城を一豊が落とすよう取り計らい、
それによって2000石の加増はあるだろうと六平太は言う。
織田が武田に滅ぼされても毛利で拾ってやるというが一豊は
日輪の下で堂々と功名を立てる男でないと立身はできぬと千代が言っていたというと
さすがの六平太もあきらめ去っていくのであった。
その後一豊のもとに小りんが現れ一豊を誘惑する。
野武士になり自分とどこかへ行こうと誘うが一豊はそれを断る。

そんな中、信玄が死の病で余命いくばくもないという噂が流れる。
そして其のうわさが真実だと確信した信長は義昭を攻めることを決意する。
信長は義昭を追放処分にし、室町幕府は幕を閉じた。


・ストーリーについて
武田信玄は死の病という説と長鉄砲で心臓の近くを打ち抜かれたという説がある。
今回は前者の設定だったのだが本当のところはわからない。
「利家とまつ」では後者だったかな。
どちらだとしてもまさに信長の天運の強さは恐ろしい。

今回一豊が2通りの誘惑を受けた。
六平太からは脅迫による誘惑、小りんからは色仕掛けによる誘惑。
どちらの誘いも断ったのだが、それも普段から千代から教えられたことが役に立ってのこと。
しかし人間、どこかしら弱い部分というものがある。
そこを攻められるとどんな強そうな人でも案外あっけなくやられてしまうものだ。
一豊みたいな武将には脅迫による誘惑はあまり有効ではない。
脅されるとさらに反発しそうな性格だから。。
そのように考えると一豊は芯の強い人間だったのかな。
小りんはそんなまっすぐな一豊に惚れたのだが
色仕掛けして自分のものにしようとはなんだかちょっと矛盾している。
彼女的には勝算があったのだろうか。
たしかに一度、妻を裏切り小りんを抱いたことがあるので
小りんはそれを期待していたのかもしれない。
そして一豊に迫って吉兵衛に追い返された時、
「もう会わぬ」といっていた一豊が小りんを探しにいったのは男としてどうなのだろうか。
やはり結局小りんも捨てがたいと思ってるといわれても仕方ないシーンだ。
ただ千代を殺すといわれ、これはいけないということに気がついたのではないか。

あと、気になったのは
なぜ六平太があそこでわざわざ縛り上げた小りんをいる場所を一豊に教えたのか。。
そもそも忍びが裏切るということは秘密が漏れることを恐れ命をとらねばならぬはず。
六平太が独断で命をとるのを意図的にやめたというのはちょっと考えにくい部分。
そのあたりちょっと引っかかる場面ではあった。


・演技について
三谷氏の足利義昭はとてもコミカルでかわいらしくもありどちらかといえば幼稚な
雰囲気を感じさせる役だった。
ダダをこねたり足をつまずいて転んだり・・・いろいろな小ワザがたくさん取り入れられ
さすがはコメディーの映画監督というべきだろう。
六平太と一豊の戦いも息を呑むような緊張感がありとてもよかった。
あの香川氏のバク転は本人がやっているのだろうか。
はじめスタントマンかなとも思ったがあれが本人だったらすごいですね、、。
[PR]
by pinkeee | 2006-03-29 23:53