IDが何でpinkeeじゃなくてpinkeeeかって?  もう使われてたんです(泣)


by pinkeee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

常任理事国になりたい理由

日本の外交といえば、決まって拉致問題、支援、そして常任理事国拡大の根回しである。
一方、他国が日本に期待することは、歴史の清算、支援などである。

現在、常任理事国は5カ国で、アメリカ、ロシア、フランス、イギリスそして中国である。
この5カ国は核保有が認められ正当なときにはそれを行使するができる。
そして、国連決議にはこの常任理事国の賛成が必要となる。
1カ国でも反対をして「拒否権」をだすとその議題は決して成立しないのである。
日本が常任理事国になりたいわけはこの後者の理由であり
要するに国際社会での権力を求めているのだ。
現在日本は非常任理事国だがそれでは満足できないらしい。
外務省の役員が言うには「外交(支援とか)でいくらお金を使って貢献しても常任理事国の反対があればそれらはムダになる」ということらしい。
「支援をする代わりに日本を常任理事国に推薦してくれ」と見返りを求めることが最近多くなり正直まわりの国はうんざりしているだろう。
当然、現在の常任理事国はいい顔をしない。
中国などでは猛烈な反対をしている。アメリカとかは苦笑いといったところか。正面きって反対はできないが、心のうちでは賛成をできないだろう。
江戸時代の老中は権力を得て、商人とか出世したい武士は老中にまいないとかごまをすってずいぶんたいへんだったことだと思う。
日本もそれに似ていて権力を得るために苦労をしている。
助けたいから援助をするということではなく、常任理事国になりたいからお金を出すという薄汚い援助の手を出されても、出された方も複雑だろう。

現在、常任理事国拡大は当分ないような情勢である。
それよりももっと真剣に拉致問題とかに取り組んだらどうか。
[PR]
by pinkeee | 2005-07-08 06:29 | 愚痴